グルコサミン+お肌ケアが新常識!

画像

今や当たり前?美容成分配合のグルコサミン製品

グルコサミンのサポート成分でよく配合されているのは、「コンドロイチン」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」の3つです。コンドロイチンとヒアルロン酸は、それぞれグルコサミンからつくられる成です分。どちらも私たちの体にもともとある成分で、関節軟骨に含まれています。グルコサミンが「軟骨の形成を促進」するのに対し、コンドロイチンは「軟骨の分解を抑制」する働きを持ちます。

ヒアルロン酸は、化粧品にも保湿成分として有名ですが、1グラムで6リットルもの保水力を持ちます。関節の動きをスムーズにする潤滑油的な働きをしています。そして、最も人気が高いのがコラーゲンです。皮膚や血管、歯など、体を構成する全たんぱく質の約30%を占めており、軟骨や骨では基質たんぱく質の構成成分として重要な役割です。

なぜコラーゲン配合がいいの?

コラーゲンといえば、肌の弾力やハリを保つのに役立つ美容成分としてよく知られています。コラーゲンの約40%は皮膚、そして約20%は骨や軟骨に存在します。軟骨の基礎的な形状はコラーゲン繊維によって形づくられ、軟骨の弾力性を保つ働きを担っています。

グルコサミンは、コラーゲンで形成された関節の軟骨を滑らかにします。コラーゲンを同時に摂ると、弾力性が生まれ、関節の痛みを和らげると言われています。しかし残念ながら、コラーゲンを体内に貯めこむことは難しいです。一回で大量に摂るよりもコツコツ継続することで効果が期待できるものです。定期的に摂取することで、骨や関節の変性を緩和や、骨の形成を促進する作用、美容効果などの効果があります。またこの2つがダブルで軟骨の健康を守り、関節を滑らかにするので、ひざ関節を使うアスリートにも高い人気があります。

コラーゲンに期待できること

私たちの体内にあるコラーゲン量は、20歳くらいをピークに徐々に減少し、60歳代では75%にまで減ってしまいます。その質は、老化の原因のひとつである活性酸素により年齢とともに低下してしまいます。クッション性のあるたんぱく質で、細胞同士を結合する働きがあります。肌にはりを与え、関節の滑らかな動きをサポートし、骨を丈夫にし、血管も柔軟にしてくれるものです。

その中でも低分子コラーゲン(コラーゲンペプチド)は分子量が小さいため水に溶けやすく、体への吸収性も高いのが特徴です。ペプチドのまま血中に吸収され、血流にのって体内を循環し、弾力を保つ機能があると言われています。細胞活動を活性化させることで傷の回復や炎症の鎮める、骨の健康など様々な効果が期待できます。

TOPへ戻る