知っておきたいひざの基礎知識

私たちの体には約350か所もの関節があり、なかでも最も大きな関節がひざです。骨と骨のつなぎ目には、骨と骨がぶつからずに円滑に動かせるよう、弾力性のある関節軟骨があります。その90%以上が水分です。コラーゲンという硬いたんぱく質でできており、コンニャクのような弾力性があります。軟骨には血管が通っていないため、体のなかでもっとも修復されにくい部位です。軟骨は加齢とともにすり減り、40歳代になるころからひざの痛みを訴える人が徐々に増え、男性よりも女性に多い傾向にあります。

膝痛は放っておくと、歩くのがつらくなり、運動不足によって肥満や生活習慣病を引き起こします。さらには認知症の原因にもなりかねません。ひざ軟骨は年齢とともにすり減りますが、進行を抑えるのに有効なのが「適切な運動」と軟骨成分の「グルコサミンを摂ること」です。美容成分なども配合されたサプリメントも多くあるので、飲みやすい自分に合ったサプリを見つけることが大切です。

TOPへ戻る